逆子のお灸メインイメージ

古来より逆子には鍼灸が行われてきており、特に28週~32週の時期に効果が出やすいです。
32週を過ぎても早期に施術を行うことで効果が期待できます。

逆子のお灸で自然分娩を目指してみませんか?

一般的に『逆子』が問題になるのは、妊娠8ヶ月くらいで、28週くらいからお灸による治療が可能です。

30週くらいになると赤ちゃんが窮屈になり姿勢も固定し始めます。
28週以降で逆子なら、出来るだけ早く鍼灸を試されることをお薦めします。

逆子の灸治療では、治療開始が遅くなるほど成功の確率が下がってしまい、一般的には35週以降の矯正の成功率は3割以下と言われています。

逆子体操

胸膝位、仰臥位、側臥位など、赤ちゃんが動きやすい状態になる姿勢を保つ体操です。
適応の可否があるので主治医に相談して行ってください。

外回転法

外回転法は体の外から徒手で胎児を回す、病院で行われる治療であり熟練された医師が行います。

逆子を治す場合、一般的には逆子体操などを指導されますがそれだけでは中々治らない場合もあり、そこで副作用やリスクのない、鍼灸治療が注目されています。

鍼灸の逆子に対する作用

  • 血液の末梢(まっしょう)循環への作用。
  • 子宮の筋肉に作用し、胎児の自己回転を促す作用。
  • 母体、胎児共に安全で副作用の心配はありません。

至陰、三陰交への施灸

右記の写真は温灸施術で、逆子が胎動するまではご自宅でも、お灸をすえてもらいます。
当院で鍼灸施術をする場合は国家資格を持った施術者が患者様に合ったツボを選び、直接施灸いたします。

逆子が治っても安産のツボもありますので、出産まで適切なツボに施灸することもお勧めいたします。

患者様の声

22時まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-602-1803 お問い合わせ
ユニクロ折尾店、折尾警察署向かい
〒807-0824 福岡県北九州市八幡西区光明1-7-29
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
PAGE TOP