メニエル病メインイメージ

メニエル病とは激しい回転性のめまい・難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患です。

メニエル病とは

メニエル病にかかると、突如として激しい回転性の眩暈が発生します。そして何度か眩暈を繰り返すうちに、耳鳴りや難聴などの症状も表れてくるのが特徴です。

眩暈と耳鳴りと難聴がこの病の代表的な症状ですが、他にも吐き気・嘔吐・耳塞感などを生じることがあります。

またメニエル病は女性に多く、発症年齢は30歳台後半から40歳台前半が最も多いとされています。

原因

メニエル病が起こる原因は、内リンパ水腫(すいしゅ)と言われています。

内リンパ水腫とは、内耳にある内リンパに過剰な量のリンパ液が溜まってしまう病気のことであり、耳石がリンパ液の流れを邪魔するために起こるとされています。

過量なリンパ液は内耳神経を圧迫したり、三半規管や蝸牛などの器官の働きに影響を与えたりして、耳鳴り・難聴・眩暈といった症状を引き起こすのです。

メニエルの判断基準

日本めまい平衡医学会の診断基準では下記の①②③の3点を満たせばメニエル病と確定診断とする。
また、①と③、あるいは②と③のみの場合にはメニエル病の疑いとします。

  1. 数十分から数時間の回転性めまい発作が反復する。
  2. 耳鳴り・難聴・耳閉塞感がめまいに伴って消長する。
  3. 諸検査で他のめまい・耳鳴り・難聴を起こす病気が鑑別(除外)できる。

症状

めまい感は、ふらふらするなどの浮動性の感覚や、目の前が暗くなったりします。
また肩こり、頭痛、高血圧、眼精疲労、更年期障害、自律神経失調症などがあります。

無難聴性耳鳴の場合は、自覚的な聴力の低下はなく耳鳴りのみ訴えます。
本人の自覚的な表現ではキーン、ジーンなどが多い。
首肩のこり、後頭部の重圧感を伴うことが多く、疲労、睡眠不足、精神的興奮により耳鳴りが悪化し、睡眠、安静により耳鳴りが改善することが多い。

鍼灸による治療

鍼灸の適応になるメニエルの症状は

  • 回転性のめまい(運動性感覚を伴うもの)
  • 無難聴性耳鳴(耳鳴りはあるが、聴力検査で聴力障害がないもの)

メニエル病の症状であるめまいや耳鳴りには、耳周囲の後傾部の圧痛、硬結、筋肉の緊張部、経穴の反応点に鍼で治療します。

22時まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-602-1803 お問い合わせ
ユニクロ折尾店、折尾警察署向かい
〒807-0824 福岡県北九州市八幡西区光明1-7-29
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
PAGE TOP