頭痛メインイメージ

鍼灸施術の得意な疾患の1つです。
①筋収縮性頭痛
②緊張型頭痛
③群発頭痛など。

頭痛について

頭痛には色々な種類がありますが、大きく分けると一時的に痛む頭痛(二日酔い、風邪、冷房の当たりすぎ、乗り物酔い、日射病など)と慢性頭痛に別れます。

慢性頭痛には以下の種類があります。

頭痛の種類

筋収縮性頭痛(偏頭痛)
偏頭痛は、頭の片側または両側が脈打つようにズキンズキンと痛む病気です。(拍動性)
月に1~2度とか、週に1~2度の頻度で発作的に起こるのが特徴で、いったん痛み出すと寝込んでしまう、仕事が手につかないなど、多くの方が日常生活に支障をきたします。
吐き気や嘔吐を伴うことが多く、また普段はなんでもないような光や音に対して過敏になる、といった随伴症状がみられることもあります。
しかし、痛みがおさまると健康な人と全く同じように生活や行動ができますし、片頭痛自体が命にかかわることはありません。
ストレスのある状態を続けたあと、一段落してホッとしたとき(休日など)にも頭痛が起こります。
頭痛は数時間程度のこともあれば、3日間くらい続くこともあります。
緊張型頭痛
緊張型頭痛は、にぶい痛みが特徴ですが、我慢できないほどではないのが普通です。 (非拍動性)
数時間~数日の頭痛が反復性におこる場合と、持続的に毎日のように続く場合があります。
首や肩のこりを伴うこともあります。嘔吐を伴うことはありません。
コンピューターの前に長時間座っているような人に多く、効果的に休憩をとるなど、ライフスタイルの改善でよくなることもあります。
片頭痛との違い
・ズキズキしない(非拍動性)
・両側性
・随伴症状は伴わない (吐き気、めまい、生あくびなどは伴わない事が多い
・痛みの強さが軽度~中程度
・日常生活を妨げたり、日常生活で悪化したりしない
群発頭痛
群発頭痛も偏頭痛と同様に発作的に起こる頭痛です。

年に数回から数年に1回くらいの頻度で起こりますが、一度発症すると1~2ヶ月にわたってほとんど毎日、ほぼ同じ時間帯に激しい頭痛におそわれます。
じっとしていられず、転げまわる人もいるようです。

片側の目の奥が強烈に痛むのが特徴で、同じ側の目や鼻に涙・鼻水・鼻づまりなどの症状が現れます。

発作が起こっている期間にアルコールを飲むと、必ずといっていいほど頭痛発作が起こると言われています。
なので頭痛持ちの人はアルコールは控えめにしましょう。

施術(指圧・鍼灸)

頭痛持ちの方には必ず、異常に緊張をしている筋肉があります。
その箇所を押したり、つまんだりして刺激すると、頭に響いて頭痛が再現されることもあります。

そういった筋肉が、その方の施術ポイントになるので関連する筋肉に集中して治療を行います。

それでも中々症状が改善しない場合、鍼灸の施術にて痛みの原因を取り除きます。
1~2回の単発の治療よりも、施術の効果を持続させるためには、3回以上の日数を詰めた通院を強く勧めています。

患者様の声

頭痛に関連する症状や施術

22時まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-602-1803 お問い合わせ
ユニクロ折尾店、折尾警察署向かい
〒807-0824 福岡県北九州市八幡西区光明1-7-29
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
PAGE TOP