むち打ちメインイメージ

むち打ち症とは交通事故などにおいて、頚部やその周辺の打ち身、捻挫、外傷などを一般的にむち打ち症と呼ぶことがあり、外傷性頚部症候群、頚椎捻挫と傷病名がつきます。

むち打ち症について

むち打ち症は靭帯や筋肉、関節包などの障害のため、外見上やレントゲンでの診断は難しい疾患です。

症状は受傷直後よりも、次の日や数日後に症状が出ることがあり、首や肩の痛み、違和感、めまい、耳鳴り、吐き気、食欲不振など、不定愁訴を伴うことが多いですが、病院など医療機関で認められることは少ない疾患です。

むち打ちの症状

頚椎捻挫型 頸部を支えている筋肉やじん帯が引き伸ばされたり、または傷ついたりして損傷が起きます。「むちうち」の多くは、この種類といわれています。
根症状型 脊髄からの頸部神経が引き伸ばされたり、頸部に生じたズレが原因で圧迫されて損傷が起きます。
症状としては手がしびれたり上肢の筋肉の低下、知覚の障害があります。
バレ・リュー症候群 交感神経を痛めたり脳を栄養する椎骨動脈の血流が低下した状態。
後頭部や首の後ろの痛みに加え、めまい、耳鳴り、難聴、目のかすみ、眼精疲労等が起こることもあり、生活に何らかの悪影響を与える症状とされています。
■バレ・リュー徴候
右または左に顔を向ける、頭を動かすとそれによって、目が回る、ふらふらする、目がかすむ、吐き気、眼振などが生じると、椎骨動脈症候群を示唆。
説明:頚部の回旋は椎骨動脈の圧迫をもたらす。
脳髄液減少症 脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠などの症状が出ます。

施術

むちうちの改善は頚椎を牽引する物理療法がよく行われますが、残念ながらそれだけで治ることは多くありません。

当院ではむち打ちに対してソフトな手技療法を中心とした施術を行います。物理療法では低周波、干渉波治療機にて局所の循環を良くし筋肉の硬直をほぐします。

また患者様のご要望があれば、鍼施術を行うこともあります。

手技療法

手技療法では関節の可動域を広げるため、ソフトなマッサージや運動療法、ストレッチを行います。

当院の施術は、皮膚上からの「押す、摩る、叩く、運動」などの物理的刺激により、筋肉・関節など皮下に存在する各組織に影響を及ぼす施術法です。

当院においては様々な手技療法が行われており、それらは経験的に行われている伝統的な手技療法です。

むち打ちに関連するブログ

鍼施術のメカニズム
2020/10/29
鍼施術のメカニズム
  • お知らせ・更新情報
  • スポーツの外傷 ケガ
  • スポーツ鍼灸
  • スポーツ障害 使い過ぎ
  • むち打ち
  • メニエル病
  • 不妊症
  • 不眠症
  • 五十肩
  • 便秘
  • 冷え性
  • 坐骨神経痛
  • 妊婦整体
  • 安産灸
  • 美容鍼灸
  • 自律神経失調症
  • 逆子のお灸
  • 鍼灸
  • 頭痛
22時まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-602-1803 お問い合わせ
ユニクロ折尾店、折尾警察署向かい
〒807-0824 福岡県北九州市八幡西区光明1-7-29
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
PAGE TOP