スポーツの外傷 ケガメインイメージ

サッカー、テニス、野球、バスケットなど各種スポーツに対応。
(転んだ、捻った、物がぶつかったなど打ち身、打撲傷等)

脱臼は整復をしたのち、医療機関にて精査を依頼いたします。
骨折は提携先医療機関にて受信後、リハビリや経過観察をいたします。

スポーツの外傷 ケガについて

1つは一回の強い力(転倒、衝突など)が加わって発生する外傷であり、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷など一般的に発生する外傷と違いはあまりありません。

また、直接外力が加わらなくても発生するものもあります。
すなわち自分の筋収縮によって起こるアキレス腱断裂、肉離れ、筋力による骨折などです。

施術の内容

急性の外傷
転んだ、捻った、スポーツの怪我など。
骨折
提携先医療機関にて受信後、リハビリや経過観察をいたします。
脱臼
肩が抜けた、子供の肘が抜けたなど脱臼の整復をしたのち、医療機関にて精査を依頼いたします。
打撲
転んだ、物がぶつかったなど打ち身、打撲傷。
捻挫
転んだ、捻った、スポーツでの使いすぎ。
スポーツ鍼灸

スポーツは捻挫や肉離れなどの怪我が尽きませんが、それよりもっと多いのがオーバーユース(使いすぎ)による、疲労骨折や腱鞘炎、筋膜炎などです。

そういった軟部組織のケガに対して、血行改善、運動痛、自発痛を除去し、次回の運動の時までにパフォーマンスを回復、向上させることが目的の施術がスポーツ鍼灸です。

しかし、できれば怪我をしない工夫が必要で、すなわち予防としての施術が望まれます。
そのため鍼灸施術のみならず、早期の応急処置やその他の療法も必ず必要なので、ケガの専門家である、柔道整復師(整骨院)の施術と鍼灸が、スポーツ障害にとても相性が良いと思われます。

保存療法

患部をサポーターやテーピング、骨折など重症な症例ではギプス固定して施術する方法になります。
固定する期間は症状によって変わります。

当院では、テーピングやサポーターの固定指導もいたします。

スポーツの外傷 ケガに関連する症状や施術

22時まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
093-602-1803 お問い合わせ
ユニクロ折尾店、折尾警察署向かい
〒807-0824 福岡県北九州市八幡西区光明1-7-29
キッズスペース、各種保険、土日診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土日祝 20:00まで ※休診日 第1日曜
PAGE TOP