こんにちは、ハート鍼灸整骨院 折尾院です。

前回に引き続き「身体を温める」についてお話しします。

今回は食べ物

東洋医学では食べ物を3つに分類し身体を温めるを「陽」といいます。

見分け方としては

「寒い地方で取れる食材、冬に旬を迎える食材」

ボチャ、カリフラワー、ねぎ、ゴボウ、ニンジン、レンコン

リンゴ、さくらんぼ

鮭 等々

「土の中で成長する野菜」

ごぼう、人参、山芋、蓮根、生姜、カブ 等々

「発酵食品」

キムチ、納豆、チーズ、漬物、赤ワイン、日本酒、米麹、みそ 等々

「色の濃いお茶」

紅茶、黒豆茶、ほうじ茶、ウーロン茶 等々

があります。

 

西洋医学では「冷え性」という病気はありませんが東洋医学ではとても重要視されています。

身体が冷えると免疫力が下がります。

その理由については次回お話ししますね。