こんにちは、八幡西区の整骨院『ハート鍼灸整骨院 折尾院』です。

 

最近、暖かさが増してきたからか

中年以降の骨折を時々見かけます。

 

腫れが少ないせいで患者さん自身が

大したことないと判断し、

そのまま生活を続けたけど

中々痛みが引かないので診てほしいと

訴えられるケースがほとんどです。

 

ひびの場合は出血が少なく、

捻挫よりも腫れが小さいことも

よくあります。

実際に触診する私達でも

骨折と捻挫の鑑別は大変難しいです。

 

最終的には疑いがあれば整形外科で

画像診断をお願いするしかありません。

 

そうならないようにまずは

骨折の予防を行いましょう😀

 

自宅でできる予防としては

転倒しないこと骨粗鬆症予防

メインになると思います。

 

転倒しないために

・下半身の筋力強化や低下防止の運動ストレッチ

・家では床に物を置かない。コード類に注意

・水回りで足を滑らせない工夫

取っ手手すりなどを設置

・野外では動きやすい服装両手を空けておく

 

骨粗鬆症予防

カルシウムを積極的に摂取する。

・外出して日光を浴びる。

・家の中でも寝て過ごさず動き回る

 

などが挙げられます。

 

 

外傷で同じような痛みが数日続く場合は

骨折の可能性もあります。

 

わざわざ整形外科までは行かなくても

とお考えの方は折尾院にてご相談下さい。

 

お問い合わせはコチラまで。